`19.12.16 日刊工業新聞(11月)掲載

12月も半ばを迎え、気づけば今年も残すところ2週間ちょっと。
1年というと長く感じますが今振り返ってみれば案外あっという間だった気がします。
あと少しで令和元年も終わりますが、引き続き気を引き締めて病気やケガのないように参りましょう!

さて少し話題は遡りまして、先月11月27日、28日の日刊工業新聞に岡田シェル製作所が取り上げられておりますので遅ればせながらご紹介致します。
27日の記事は、当社が推し進めるIT生産管理システム導入についてまとめられています。このIT生産管理システムとは生産を管理する事務所と製造現場をITで繋ぎ、生産に関わる様々な情報を即座に共有できるというものです。
詳しくは該当記事をご確認頂きたいのですが、これまで手書きだった日報記入や日報のデータ化などをペーパーレス化することで、現場と事務所双方の作業負担を軽減、かつ人為的なミスを削減する効果も期待されています。

一方28日付の記事では、人口減少にあえぐ淡路島にて独自の施策を講じる、岡田シェルを含めた製造業3社それぞれの取組が紹介されています。
当社からは、従業員のワークライフバランスを充実させる有休消化推進システムと消化しやすい風土づくり、管理者からきめ細かいフォローを受けられる体制整備などを取り上げて頂きました。
今後こうした取組をさらに強化してより良い職場環境の実現を目指していきます。

岡田シェル、主力拠点にIT生産管理システム導入 進捗状況を可視化(日刊工業新聞)
兵庫・淡路島の製造業、働きやすい環境づくりに独自色(日刊工業新聞)
※リンク先の記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
お手数ですが、よろしければご覧になっていただけますと幸いです。